F1GP第18戦:日本 鈴鹿GP

date:2005年10月09日 category:Blog, ニュースについて思う事 Tags:,

10/9に行われた鈴鹿グランプリ。
日本でのGPということもあり佐藤琢磨に期待していたのだが、なかなか振るわず。
レースの内容はとてもエキサイティング!ライコネン、フィジケラ、アロンソ、M.シューマッハがドラマをつくっていた。
今回のレースでとても際立っていたのは、ルノーの直線走行の速さ。
他のマシンとは比べ物にならない速さをもっており、空力パーツがうまくセッティングできているとのこと。
どういうシュミレーションをすればあのようになるのか、見てみたいものです。
レースは終盤、フィジケラ-ライコネン-アロンソの争い。
この順番でレースが終了と思いきや、やってくれましたライコネン。
最終ラップで見事フィジケラをとらえ、逆転優勝。集中力と戦略が120%噛み合ったという感じです。
抜けるのはココしかない、というところで出来るあたりやはり天才です。
今年はあと、中国GPのみ。


F1グランプリ:トルコ イスタンブールサーキット

date:2005年08月22日 category:Blog, ニュースについて思う事 Tags:

今週も始まりました。元気よく参りましょう!
さて、昨日のF1ですが佐藤琢磨がやりました、20位スタートから9位でレースを終えました。来年はドライバーの移籍があり、マッサ(ザウバー)がフェラーリへ、バリチェロ(フェラーリ)がBARホンダへ移籍予定。そうすると佐藤琢磨は・・・・。
BARホンダのバトン・佐藤、そしてフェラーリのバリチェロの戦いが熱くなっています。
今大会でも、バトンが佐藤琢磨にコースを譲らなくてはいけないピットの指示もバトンは無視。
順位争い以上に見えない熾烈な争いが展開されています。
今回の結果は・・・

F1GP第8戦:カナダGP(モントリオール)

date:2005年06月14日 category:Blog, ニュースについて思う事 Tags:,

順位:車番:ドライバー/シャシー・エンジン/タイヤ:周回数
1 9 K.ライコネン/マクラーレン・メルセデス/M 70周
2 1 M.シューマッハ/フェラーリ/B 70周
3  2 R.バリチェロ/フェラーリ/B 70周
4 12 F.マッサ/ザウバー・ペトロナス/M 70周
5 7 M.ウェバー/ウィリアムズBMW/M 70周
6 17 R.シューマッハ/トヨタ/M 69周
7 14 D.クルサード/RBRコスワース/M 69周
8 15 C.クリエン/RBRコスワース/M 69周
9 11 J.ヴィルヌーヴ/ザウバー・ペトロナス/M 69周
10 18 T.モンテイロ/ジョーダン・トヨタ/B 67周
11 21 C.アルバース/ミナルディ・コスワース/B 67周
- 16 J.トゥルーリ/トヨタ/M 62周
- 3 J.バトン/B・A・Rホンダ/M 46周
- 8 N.ハイドフェルド/ウィリアムズBMW/M 43周
- 4 佐藤琢磨/B・A・Rホンダ/M 40周
- 20 P.フリーザッハー/ミナルディ・コスワース/B 39周
- 5 F.アロンソ/ルノー/M 38周
- 6 G.フィジケラ/ルノー/M 32周
- 19 N.カーティケヤン/ジョーダン・トヨタ/B 24周
- 10 J-P.モントーヤ/マクラーレン・メルセデス/M



BARホンダ・バトンがポールポジション、佐藤琢磨が6番手スタート。
勝負の世界は厳しいですね。本当に何があるか分からない。
結局、バトンが壁にヒットしてリタイア。佐藤琢磨はギアボックスのトラブルでピットイン。
再度コースに戻るが、リアブレーキのトラブルでリタイア。
予選でいい結果を出して良い雰囲気が出てきているBARホンダ。
メカの競争ですから、マシンの安定性を強化したいですね。
まずは完走できること。

F1:BARホンダ2戦出場停止 第4戦成績は無効

date:2005年05月06日 category:Blog, 不定期日誌 Tags:

2005年05月05日
自動車のF1シリーズに参戦中の佐藤琢磨が所属するBARホンダが5日、規則違反により国際自動車連盟(FIA)の審議機関である国際控訴裁判所から2レースの出場停止と第4戦のサンマリノ・グランプリ(GP)での成績を無効とするなどの裁定を受けた。これによりBARホンダはスペインGP(8日決勝)とモナコGP(22日決勝)の2レースへの出場ができなくなった。サンマリノGPで佐藤のチームメート、ジェンソン・バトン(英国)に車体重量違反があったことを、FIA側が悪質な違反とし、今季残り15戦の出場除外などを、4日の聴聞会で国際控訴裁判所に求めていた。(共同)

2005年5月6日
→FIA裁定に対するHondaのコメント
Hondaは、現地時間2005年5月5日(木)14時(日本時間21時)にバルセロナ・カタロニアサーキットにて、国際自動車連盟(FIA)から発表された、B・A・R Hondaに対するサンマリノグランプリでの裁定に対し、下記声明を発表した。
■大島裕志:本田技研工業株式会社 取締役広報部長 モータースポーツ担当役員のコメント
「B・A・R Hondaが、現在のレギュレーションに適合している資料を提出し、十分な説明を行ったにもかかわらず、FIAから今回の裁定が出されたことは誠に遺憾である。
今後も、B・A・R Hondaの意思を尊重し、最善を尽くしてレース活動を行っていけるようサポートしていく」

2005年05月07日
→BARホンダが2戦欠場へ 出場停止裁定受け入れ
自動車F1シリーズに参戦中の佐藤琢磨が所属するBARホンダは6日、国際控訴裁判所の出場停止裁定に従い、同日開幕したスペイン、22日決勝のモナコ両グランプリ(GP)を欠場すると発表した。第4戦のサンマリノGPで3位に入った佐藤の同僚、ジェンソン・バトン(英)に車体重量違反があったことについて、国際自動車連盟(FIA)の審議機関である同裁判所は5日に、第5戦のスペインGPから2レースの出場停止とサンマリノGPの成績無効などの裁定を下した。3位のバトンの6点と、5位入賞した佐藤の4点のドライバーズポイント、チームのコンストラクターズポイントの10点はいずれも取り消された。これに対し、BARホンダは裁定を不服として法的措置を取ることも検討していたが、今回は見送った。(共同)

今月のF1は少しばかりつまらなくなってしまった。モナコGPをとても楽しみにしていたのだが・・・。今後の活躍に期待!

Formula-1

date:2005年03月21日 category:Blog, 不定期日誌 Tags:

今年もやっと始まりました F-1です。
第1戦目のオーストラリアGPは見逃したものの第2戦 マレーシアGP をTVで見る。
今年も魅せてくれ、佐藤琢磨!
との思いを胸に、TV観戦。
しかし一向にTVに出てこない佐藤琢磨。
ネットで確認すると「風邪でお休み」とのこと。
ちなみにB.A.R HONDAは、ファーストドライバーJenson Button
セカンドドライバーが休場の為、テストドライバーのAnthony Davidson。
2台ども2週目でエンジンブロー。
今年はルノー勢ががんばっている。