お金の教科書:モノポリー

date:2005年05月17日 category:Blog, ニュースについて思う事 Tags:

人間モノポリー
12日、シドニーで行われたボードゲーム「モノポリー」の70周年イベントで、自らコマとなりゲームに興じる人々。モノポリーは80カ国以上で親しまれているが、440平方メートルもの盤面が使われるのは前代未聞(AFP=時事)

数あるボードゲームがある中、不朽の名作といえば「モノポリー」。
1935年にアメリカで生まれたこの不動産売買のゲームは、交渉や取引をしながら不動産王をめざすゲームです。
日本で人気の「人生ゲーム」もありますが、モノポリーは金銭教育に使える深さがあると思います。
ニュースでは人間が駒となってゲームをしたそうですが、一番気になるのは参加者の職業ですね。

モノポリー

久々にゲームをやってみた。きっかけは、TVで見た「モノポリー世界大会」。
実際やってみると、か・な・り、面白い!
戦略的で自分にあっているような気がする。
資金繰りから不動産調達、交渉による売買契約等業種に限らず会社運営する方はハマること間違いなし。