世界が見てみたい vol.28

date:2005年05月12日 category:Blog, 世界が見てみたい, 散歩と旅行 Tags:,

9日目-PM:ミラノ着 市内見学

駅からスカラ座前に移動。そしてビットリオ・エマヌエーレ2世アーケードを通りドゥオモへ向う。
ビットリオ・エマヌエーレ2世アーケードはスカラ座とドゥオモ広場をつなぐ大アーケード。
南北200m、東西100m、高さ30m(上空に天蓋)を持ち地上階は店舗、中間階は事務所、上階は住居でファサードは統一されている。
まずは、アーケード内でTCをリラ(L)に両替する。大体、100L≒6.7円。
通貨単位が一桁大きいからか、お金の感覚がつかみにくい。タバコが8000L。
確か、はがきを日本におくる切手が7500L。大方の支払がお札になる。
両替が済み、アーケードを抜けドゥオモを見学する。
ドゥオモは西暦1386年~500年かけて1887年に竣工した世界最大・最高傑作といわれるゴシック建築。内部には鮮やかなステンドグラスがある。そして建物の屋根に上ると、ゴシック建築の特徴である、フライング・バットレス(飛び梁←つっかえ棒みたいなものです)が間近に見れます。
(ちなみにサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会には最後の晩餐がありますが割愛)