銀座歌舞伎座

date:2010年02月24日 category:Blog, 建物散策, 散歩と旅行 Tags:

歌舞伎座が4月から建て替えの為、公演見がてら建築見学。
舞台以外の場所は簡素なつくりで、階高が高いため急階段です。
観賞演目は「高坏」と「籠釣瓶花街酔醒」。
いずれも中村勘三郎主演の演目です。意外と背が低いなぁ。
常連の大向こう達の掛け声が結構迫力です(笑)。
コンサートや映画などと雰囲気が異なる不思議な空間で、書割りのパースのかけ方が面白い。
上から見ても立体感がある造りになっている。

Repo*『No Man’s Land』旧フランス大使館の内観会



旧フランス大使館解体前のアートイベントを見学。
アートイベントも楽しいけれど、どちらかといえばやっぱり建物探訪!
2Fより上階がキャンチで浮いているような構成で、RC+S造。窓はスチールで堅剛な雰囲気になっています。各部屋でアーティストの作品やインスタレーションが行われていて文化祭のような懐かしい光景でした。
フランスの設計によく見られる雨どい形状。キャノピー形状をガルウィングにして、谷底から雨水の出先が向けられており、その先は植栽。お見事。コルビジェの住宅だったと思うけど、住宅サイズでやると雨樋が小さくなるので、結構カワイイ。
ポコッとでた樋形状が平らな外壁に影を落とすのがナカナカ良いのです。
各室出入口周りは、収納一体で設備系が納められています。ちょうど壁をふかした様相です。
窓はスチール枠。エアコンを枠内に仕込んだりして手が込んでます。
設備を考慮して簡単に壁を作らないところがよく、開放感にあふれた居室です。
廊下側はスチール製鍵付のインターフェイスですが、居室側は家具になっており前入れ後ろ出しになっている。
今でこそ既製品であるけど、この方が僕は好きだ。居室側に金属がいばってこないのがイイ感じだ。
構造フレームに沿ってシャッターを仕込んであり、マッシブな形状を際立たせている。
そしてアルコーブ状(手すり壁がないバルコニー)になった奥が前面ガラスで見えているので整然とした佇まいだ。
古い建物の良さは何といっても原始的な納め方が見せてくれる物のあり方だ。
余計なテクノロジーが入っていないので「どうなってんだコリャ」がない。
ついでに厳重な管理をされているので中に入れないけど、エントランス内部の先にゆったりと登っていく屋外の坂が計画されており、内部に誘う色っぽい仕掛けがされている。
なんとか中に入ってみたいけど、なにぶん、用事がない(笑)。

世界が見てみたい vol.35

11日目夜 フィレンツェ到着

ルネッサンス発祥の地フィレンツェに到着。夕闇が迫っていたのでポンテ・ヴェッキオを横目にアルノ川沿いを散歩して明日に備える。
夕刻になると、アルノ川沿いに暖かい照明がぽつりぽつりと灯る。
とても風情のある街です。

世界が見てみたい vol.34

date:2005年09月27日 category:Blog, 世界が見てみたい, 散歩と旅行 Tags:,

11日目PM ベネチア~バスにてフィレンツェ
午後からフィレンツェに向けてバスに乗る。ルネッサンス発祥の地です。
天才を生む土壌を持っている地域でダンテ、ミケランジェロ、ドナテッロ、、フィリッポ・ブルネッレスキなど沢山の芸術家を輩出しています。
街の様子を知りたい方は、映画「冷静と情熱の間(辻仁成+江國香織原作)」を見ていただくと大方メジャーな場所を確認できます。

世界が見てみたい vol.33

date:2005年08月08日 category:Blog, 世界が見てみたい, 散歩と旅行 Tags:,

11日目-朝:ベネチア
午前中は自由行動。
午後からバスでフィレンツェに移動予定。
それまでの時間、橋のほとりで水彩画を描いて時間を過ごす。
日本人の絵が珍しいのか、僕のまわりに人だかりが出来る。
・・・・描きにくい・・・・。
中学生ぐらいの子がノートを持ってきて「サイン」してくれというのでサインをする。
どうやら日本語の字画が珍しいようで、沢山の名前がサインされていた。

世界が見てみたい vol.32

date:2005年07月12日 category:Blog, 世界が見てみたい, 散歩と旅行 Tags:,

10日目-夜:ベネチア

夕方はひたすら小路の散策。
小さいけれどお洒落な店が沢山連なっており、大運河にはゴンドラ(船)が浮かび船頭の歌声が聞こえてきます。
途中でマクドナルドを発見したので、話のネタに軽食をとる。
味がイタリアっぽい・・・感じがした。
夜も更けてきたころ、ホテルに戻りみんなで歓談。
ホテルの窓からはサンマルコ広場が見える。街中が白熱灯の暖かい色に彩られている。
夕食はホテル近くのとても小さなレストランで。
初老の夫婦がやっていたお店。
どんな料理かは覚えていないけれど、「美味しかった」ことだけは記憶している。
ホテル:CONCORDIA (コンコルディア)

世界が見てみたい vol.31

date:2005年06月21日 category:Blog, 世界が見てみたい, 散歩と旅行 Tags:,

10日目-PM:ベネチア


水上バスを乗り継ぎ、水の都ヴェネツィアへ。
サンマルコ広場近くの船着場に到着。海を背にして右手にドゥカーレ宮・サンマルコ寺院、正面には鐘楼、奥に時計塔、左手にコレール博物館で構成されています。
サンマルコ広場は台形型なのでパースが効いて実際より広く感じる。そしてサンマルコ広場が眺望できるホテル「コンコルディア」へ荷物を預け街の散策へ。ナポレオンが「世界で最も美しい広場」と評したサンマルコ広場。
ここでのオススメは建築家カルロ・スカルパの「オリベッティ」ショールームです。
スカルパらしい練られたディテールが伺える、とても詩的な空間でした。
あとは街の中をぐるぐると歩き回る。いつの間にかリアルト橋に到着。
橋の両端は通路、真ん中は商店が並んでます。海行くゴンドラを見ながら陽が暮れてゆく。

世界が見てみたい vol.30

date:2005年06月07日 category:Blog, 散歩と旅行 Tags:

10日目AM ミラノ~ベネチア
ミラノから専用バスで、ビツェンツァ・ヴェローナ経由で水の都ベネチアへ向う。
殆どバスから降りることも無くバスに揺られて移動。
ちなみにビツェンツァは建築家アンドレア・パラーディオ(1508-80)の聖地です。
ルネッサンス期の建築家といえばこの人が出てきます。
日本で手に入る書籍は「パラーディオ『建築四書』注解」など。高価な本ですが、是非手に入れておきたい一冊です。
また最近はパラーディオ建築研究国際センターで全作品の詳細、図面等がダウンロードできます(PDF形式で配布しています)。パラーディオの建築術の真髄を知ることが出来ます。

世界が見てみたい vol.29

date:2005年05月25日 category:Blog, 散歩と旅行 Tags:

9日目 夜-街の散策
夜は主にバスと電車で街の散策。ミラノの街に限らず、ヨーロッパの夜の街灯りはオレンジ色に光り、とても良い雰囲気を醸し出している。
薄暗い中を歩いていたので、ホテルへの帰り道に迷ってしまい現地の方に聞いてなんとかたどり着く。
ホテルは中心街から少し離れた場所にある、その名も「Leonardo・Da・Vinci(レオナルド・ダ・ヴィンチ)」。
建物は「壮観」といった感じがあり、部屋の広さは一般的なツインの2倍弱そして調度品やデスクが大理石だったりと豪華な設えになってます。
今回の旅で一番広く、豪華な設えを持ったホテルでとても満足。おすすめです。

世界が見てみたい vol.28

date:2005年05月12日 category:Blog, 世界が見てみたい, 散歩と旅行 Tags:,

9日目-PM:ミラノ着 市内見学

駅からスカラ座前に移動。そしてビットリオ・エマヌエーレ2世アーケードを通りドゥオモへ向う。
ビットリオ・エマヌエーレ2世アーケードはスカラ座とドゥオモ広場をつなぐ大アーケード。
南北200m、東西100m、高さ30m(上空に天蓋)を持ち地上階は店舗、中間階は事務所、上階は住居でファサードは統一されている。
まずは、アーケード内でTCをリラ(L)に両替する。大体、100L≒6.7円。
通貨単位が一桁大きいからか、お金の感覚がつかみにくい。タバコが8000L。
確か、はがきを日本におくる切手が7500L。大方の支払がお札になる。
両替が済み、アーケードを抜けドゥオモを見学する。
ドゥオモは西暦1386年~500年かけて1887年に竣工した世界最大・最高傑作といわれるゴシック建築。内部には鮮やかなステンドグラスがある。そして建物の屋根に上ると、ゴシック建築の特徴である、フライング・バットレス(飛び梁←つっかえ棒みたいなものです)が間近に見れます。
(ちなみにサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会には最後の晩餐がありますが割愛)