ローコストすぎる家具 No.3:机

date:2005年05月10日 category:Blog, 家具, 手作りレポ Tags:,,

三つ目は打合せテーブルと本棚。
テーブルの脚は、片側が収納ボックス+軽量CB。
もう一方は本棚の中にCBを組み込み、テーブルを本棚に差し込んでいる。本棚の剛性を取りつつテーブルの脚としている。

コスト:テーブル天板2000円+本棚1000円+油性ウレタン塗料分テーブルはウレタン塗膜3回塗りとしている。実験した結果一回塗りはほとんど効果(防水)が出ず、一週間もすると水を弾かなくなる。(プロの塗装職人さんがやると違うと思うが・・・)
又、テーブル天板はMDF T-15を使用したが、使うなら二枚使いでフラッシュにすると剛性がとれると思います。(塗装で剛性が出るかなぁ~と実験したもののあまり効果なし)。

ローコストすぎる家具 No.2:食器棚+間仕切り

二つ目は、水廻りと打ち合わせテーブルの仕切り兼食器棚。
余ったカラーボックスx3と有孔シナ合板+シナ合板をあわせている。
W=1810 D=310 H=1270として 家具高さは、テーブル側からはコーヒーメーカーや電子レンジを隠し、西側窓からの採光を遮らないように決めている。
Dは、レンジやコーヒーメーカー等奥行きの最大数>カラーボックスのDとした。
コスト:3500円+α
これにてキッチン廻りの機器・器具・食器・ゴミ関係等がすべて収納出来ている。

ローコストすぎる家具 No.1:本棚

date:2005年04月01日 category:Blog, 家具, 手作りレポ Tags:,,

自作家具(家具と言ってよいのだろうか・・・)UP。
本と水廻りの道具を収納できる家具です。
日々使うトイレットペーパーやシャンプーの替えなどストックものを無駄なく収納できます。
コスト:1000円(ローコスト、というか低コストすぎる!!)
フラッシュにすると手間とお金がかかるため、資材をなるべく加工しないで、そのまま使用。
あとは耐力計算をしてビス(今回はブロンズのビス使用)や方立ての位置検討。
側面は少しスキマをあけて中にあるものが何か分かるようになっている。
又、側板のWを短くすることで家具の重心を壁側に移し倒れないように工夫した。

2万円で家具をつくってみる

安く手に入る素材を利用して
2万円で家具をやる計画を立ててみた。
作ってみて使い勝手と品質、ミテクレを実験しようと思ってます。
つくるものは

  • テーブル(1500x800)
  • 本棚-1(D190xL1800x5段)
  • 本棚-2(D190xL1800x7段)
  • 冷蔵庫を囲うためのボックス
  • 床仕上

一応設計図は金額的に収まったのであとは実行。
今年3月ごろやってみます。