「清水の舞台」グラリ

date:2011年06月08日 category:Blog, ニュースについて思う事, 建築コラム

世界遺産の清水寺(京都市東山区)で、江戸初期に再建された国宝・本堂の「清水の舞台」を支える柱78本のうち12本にシロアリ被害などが発生していることが7日、わかった。同寺は現在、本堂を含む建造物9棟の「平成の大修復」を行っており、その過程で異変が判明。倒壊の危険はないものの、大地震に備え柱の補強など修復計画の変更も検討している。(2011.6.8 01:30 産経新聞

そもそも、400年ももつ木造建築を建てられる技術に驚愕します。

神様・仏様の上(屋根)に立って仕事をするという宮大工は
独特の世界観・生き方をもっていることを、故西岡常一さんは
本で伝えています。

食事で動物性の脂を摂取すると
施工中に触った白木の柱に、数年後うっすらと手形がでる。
だから野菜中心の食事になるのだ、
というようなことを聞いたことがあります。
ある意味、住職より戒律が厳しそうです。

藤沢市でビックプロジェクト(スマートタウン)

date:2011年05月28日 category:Blog, ニュースについて思う事

パナソニックは26日、太陽光パネルや家庭用蓄電池を大規模に全戸導入するなど環境に配慮した次世代都市「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」の構想を明らかにした。東京ガス、三井不動産などの8社、神奈川県藤沢市と共同でパナソニックの藤沢工場跡地に1,000世帯規模の街区を開発し、2013年の街びらきを目指す。

パナソニックによると、このプロジェクトの総事業費は約600億円。約19ヘクタールの敷地に1,000戸、3,000人が住む住宅や商業施設を建設する。「パナソニックらしい自然の恵みを最大限取り入れた、地産地消型の安心・安全なサスティナブルな街づくり」と、「電力・情報ネットワークが最初から繋がり住民に負荷なく最適制御するスマートな街づくり」を目指し、街全体でのCO2削減70%(1990年比)を実現していくという。 2011.5.16財経新聞

参加企業8社とその役割

アクセンチュア株式会社
-スマートタウンの構想策定、及び、サービスモデルの企画・推進
-世界のトレンドを踏まえたスマートタウンのプラットフォーム構築支援
-各国でのスマートシティ/グリッド支援実績を活かした海外展開・マーケティング支援

オリックス株式会社
-街全体の価値向上及びエコで快適・安全・安心なくらしのために様々なサービスをワンストップで提供するサービス事業の検討
-モビリティシェアリング事業による低炭素な街づくり

株式会社日本設計
-新エネルギー機器等の最適導入計画とその空間デザイン
-スマートタウンにふさわしいランドスケープデザインの提案
-スマートタウンを維持し続けるためのガイドライン等の策定

住友信託銀行株式会社
-スマートタウン評価指標(環境不動産価値)の設計
-藤沢SST専用の環境配慮型住宅ローンの商品企画
-住民のエコで快適なくらしを支えるタウンカード・決済、ポイント管理
-リース・ファイナンススキーム(2次電池等)の提供

東京ガス株式会社
-家庭用燃料電池「エネファーム」の最新機器導入
-エネファームを活用したエコで快適なくらしを提案
-スマートエネルギーネットワークの推進

パナホーム株式会社
-土地区画整理事業等開発に関する基盤整備
-宅地・住宅分譲事業への参画
-街づくりの計画・設計・開発ルール策定
-街の維持管理を目的としたサービス事業のスキームづくり

三井不動産株式会社・三井不動産レジデンシャル株式会社
-土地区画整理事業等開発に関する基盤整備
-宅地・住宅分譲事業への参画
-街づくりの計画・設計・開発ルール策定
-街の維持管理を目的としたサービス事業のスキームづくり

三井物産株式会社
-グローバル展開にも応用可能なインフラ整備及び街区・不動産開発
-海外スマートシティのトレンドなども踏まえたエネルギーマネジメントサービス

住宅エコポイント5か月短縮…申請、想定上回る

date:2011年05月13日 category:Blog, ニュースについて思う事

 国土交通省は13日、省エネ対応型の住宅新築や改築を行った場合に最大32万円分のポイントを付与する「住宅版エコポイント」制度の期限を5か月間短縮すると発表した。
2011年12月末までに始まる工事を対象としていたが、これを7月末までとする。ポイントの申請期限(新築一戸建て住宅は12年6月末)や交換期限(14年3月末)については変更しない。

 想定を上回るペースで申請が行われているため。国交省は、新築、改築でそれぞれ60万戸分を想定していたが、4月末までに新築約30万戸、改築約36万戸に達している。
(2011年5月13日14時08分 読売新聞)

安藤忠雄氏設計の駅トイレ、壁を踏み抜かれる(山梨県JR竜王駅)

date:2011年05月13日 category:Blog, ニュースについて思う事

世界的な建築家、安藤忠雄氏が設計を手がけたJR竜王駅(山梨県甲斐市竜王新町)の南口のトイレの壁が縦約30センチ、横約20センチにわたり壊されていたことが12日、分かった。

男子トイレの出入り口付近で、防犯カメラには4月14日午前0時頃、何者かが斜めになっている壁を駆け上がろうとして踏み抜いた姿が映っていた。

トイレを管理する甲斐市は韮崎署に映像を提出し、被害届を出した。同署は器物損壊事件として調べている。市建設課によると、同日午前11時頃、清掃業者が壁が壊れているのを発見した。市は「私をイジメないでください 甲斐市長」と張り紙をしており、近く約8万円をかけて修復する。

同駅のトイレは2009年にも5回、同様の被害に遭っており、市は10年8月に防犯カメラを設置した。同課の男性職員(28)は「駅は力を入れて整備しておりショックだ」と話している。

(2011年5月13日17時29分 読売新聞)

登りたくなる気持ちを誘発する角度なのでしょう(笑)。
一体何度くらいの傾斜なんでしょうか。

Twitter Weekly Updates for 2011-05-13

date:2011年05月13日 category:ツイート Tags:

Powered by Twitter Tools

東関東大震災

date:2011年04月15日 category:Blog, 不定期日誌

3/11の地震より早一ヶ月です。
被災にあわれた方、またその関係者の深い悲しみやつらさが
想像をはるかに超えて伝わってくる日々が続いています。
心から、お悔み申し上げます。

縄文時代よりずっと前にも、自分の先祖がいたことを考えると
有史以来、このような様々な困難を乗り越えてきた人達がいたからこそ
今生き残っていると思うのです。

そんな、困難を乗り越える叡智を持った一人でありたいと思う。

HP+ブログ:サーバー移設完了

date:2011年03月24日 category:Blog, 不定期日誌

ポートフォリオ・ブログ最新記事の再UP作業がありますが、ひとまず移設完了。
アメリカのドメイン管理会社から移管完了のメールが来たのが3/11地震当日。
移管完了に伴い、メール・HPがすべてストップ。偶然とは怖いものです。

銀座歌舞伎座

date:2010年02月24日 category:Blog, 建物散策, 散歩と旅行 Tags:

歌舞伎座が4月から建て替えの為、公演見がてら建築見学。
舞台以外の場所は簡素なつくりで、階高が高いため急階段です。
観賞演目は「高坏」と「籠釣瓶花街酔醒」。
いずれも中村勘三郎主演の演目です。意外と背が低いなぁ。
常連の大向こう達の掛け声が結構迫力です(笑)。
コンサートや映画などと雰囲気が異なる不思議な空間で、書割りのパースのかけ方が面白い。
上から見ても立体感がある造りになっている。

Repo*『No Man’s Land』旧フランス大使館の内観会



旧フランス大使館解体前のアートイベントを見学。
アートイベントも楽しいけれど、どちらかといえばやっぱり建物探訪!
2Fより上階がキャンチで浮いているような構成で、RC+S造。窓はスチールで堅剛な雰囲気になっています。各部屋でアーティストの作品やインスタレーションが行われていて文化祭のような懐かしい光景でした。
フランスの設計によく見られる雨どい形状。キャノピー形状をガルウィングにして、谷底から雨水の出先が向けられており、その先は植栽。お見事。コルビジェの住宅だったと思うけど、住宅サイズでやると雨樋が小さくなるので、結構カワイイ。
ポコッとでた樋形状が平らな外壁に影を落とすのがナカナカ良いのです。
各室出入口周りは、収納一体で設備系が納められています。ちょうど壁をふかした様相です。
窓はスチール枠。エアコンを枠内に仕込んだりして手が込んでます。
設備を考慮して簡単に壁を作らないところがよく、開放感にあふれた居室です。
廊下側はスチール製鍵付のインターフェイスですが、居室側は家具になっており前入れ後ろ出しになっている。
今でこそ既製品であるけど、この方が僕は好きだ。居室側に金属がいばってこないのがイイ感じだ。
構造フレームに沿ってシャッターを仕込んであり、マッシブな形状を際立たせている。
そしてアルコーブ状(手すり壁がないバルコニー)になった奥が前面ガラスで見えているので整然とした佇まいだ。
古い建物の良さは何といっても原始的な納め方が見せてくれる物のあり方だ。
余計なテクノロジーが入っていないので「どうなってんだコリャ」がない。
ついでに厳重な管理をされているので中に入れないけど、エントランス内部の先にゆったりと登っていく屋外の坂が計画されており、内部に誘う色っぽい仕掛けがされている。
なんとか中に入ってみたいけど、なにぶん、用事がない(笑)。

Info*『No Man’s Land』旧フランス大使館の内観会


取り壊される建物を使ったアートイベントです。
1957年にジョゼフ・ベルモンが設計したフランス大使館旧庁舎を利用したイベントで、取り壊し後集合住宅になるとのこと。
大使館の内観を見られる機会は少ないので楽しみです。

場所:在日フランス大使館旧庁舎
〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44
期間:2009年11月21日(土)~2010年1月31日(日)
開館時間:
* 木・日 午前10時~午後6時※
* 金・土 午前10時~午後10時※
※入場は閉館30分前まで
休館日:
月曜日~水曜日/2009年12月31日(木)~2010年1月3日(日)