小田和正ツアー2008今日もどこかで 


思い起こせば、2008年5月 初めて小田和正のライブを観に行ってきました。
ステージから10列目くらいのアリーナ席で場所は最高。
小田和正の生歌はCDより良いとかねてから噂がありましたがまったくそのとおり。
2年くらい前に誰もいない渋谷駅ビルのエレベーター前でバッタリ会って二人きりになってしまい「声かけんなよ」的なオーラと、僕が持っていた図面を見て「おっ 設計か?」みたいな微妙な雰囲気が忘れられません(笑)。
小田和正も建築系出身ということがあり、なんとなくシンパシーを抱いています。
(あの雰囲気は建築系特有、特に意匠設計系に多いよ(笑))
コンサートを通じて感じるのは、
「この人は感動のメカニズムをよく研究してるなぁ~」ということ。
建築設計もそうですが、「見せどころ」つまり抑揚ってのが大事だと思います。
感動のメカニズムを施主に「わからないように」設えておくのがプロの技です。
この前のコーポラティブハウスにも、冬の西日が入る瞬間に地下の空間が
変わるように設えてみました。
当時施工してくれた大工さんから「15時くらいからがイイんだよね~」と
言ってましたが、施主は発見できたかなぁ~
今年は一年検査です。

ついでにコンサートのセットリスト
こころ
正義は勝つ
愛を止めないで
伝えたいことがあるんだ
Re
僕らの街で
いつか どこかで
たしかなこと
僕の贈りもの
地球は狭くなりました
倖せなんて
愛の唄
さよなら
言葉にできない
今日も どこかで
—–ご当地紀行—–
NEXTのテーマ -僕等がいた-
もっと近くに
ラブ・ストーリーは突然に
キラキラ
そのままの君が好き
時に愛は
風のようにうたが流れていた
東京の空
ダイジョウブ
  ENCORE-1
またたく星に願いを
Yes-No
君住む街へ
  ENCORE-2
今日も どこかで
my home town

コンタ模型?

date:2009年02月24日 category:Blog, 不定期日誌

久々にコンタ模型を作ってみました。

CGだけど・・・

中国・北京市で建設中の高層ビル「TVCC」が全焼

date:2009年02月16日 category:Blog, ニュースについて思う事

僕の好きな建築家の一人、レム・コールハース(O.M.A)。

クンストハル 1992年オランダ ロッテルダム

彼の作品が火事にあったとのことで、とても残念。
ジャーナリストの活動を経て建築家となった異色の経歴の持ち主で、
鋭い視点から都市や社会を読み解き建築形態として表現する彼の建築はとてもユニークでワクワクさせる何かを持っています。
日本で見られる建築もいくつかありますが、個人的にはオランダにある作品にとても興味がそそられます。

エデュカトリアム 1997年オランダ ユトレヒト


手前がCCTV、奥に見えるのが火事になったTVCC。
TVCCは2009年開業予定で世界でラグジュアリーホテルを展開する
「マンダリン・オリエンタル」が入る予定だったそうです。

CCTV(中国中央電視台)とTVCC