「減築」ということ 05

date:2007年11月30日 category:Blog, 建築コラム, 減築ということ Tags:,,

(「減築」ということ 04よりつづき)
さて、2000年から早6,7年たってみると様々なところで「減築」を見かけるようになりました。
大きなところでは東京都東久留米市のひばりが丘団地で行われるそうです。とても楽しみにしています。
減らすことによる豊かさ。
ニュアンスは少し違うけれど、
「Less is More」(ミース・ファン・デル・ローエ)なのか・・・。
表現方法は変わっても、起こることはいつも流転している感じだ。

このワークショップのダイジェストを見たいかたは、
彰国社の建築雑誌「建築文化2000年9月号」
P131~第2回減築をご覧になってみてください。

菜園生活のススメ vol.20

date:2007年11月14日 category:Blog, 菜園生活, 菜園生活のススメ Tags:,

この前植えた玉ねぎの苗300本(普通250+紫50)。
葉もの野菜もちらほら出来てきました。
オススメは間引き菜。市場に出ないので売ってませんが間引いた葉はとても柔らかくてクセがなく美味しいです。

9月新設住宅着工戸数は前年比‐44.0%

date:2007年11月06日 category:Blog, ニュースについて思う事 Tags:

ロイター通信(10月31日)
国土交通省が発表した9月の新設住宅着工戸数は、前年比44.0%減少の6万3018戸となり、3カ月連続で減少した。季節調整済み年率換算は72万戸だった。ロイターの事前調査では、予測中央値で住宅着工戸数は前年比31.9%減、年率換算戸数88.0万戸程度だった。  同省によると、前年比44.0%減は前月の43.3%減を抜いて過去最大の下落幅だという。また年率換算戸数も前月の72万9000戸を下回って、過去最低の数字となった。こうした大幅下落について同省では、6月20日施行の改正建築基準法で審査期間が長期化していることを理由に挙げている。 
 9月着工の内訳は、持ち家が前年比21.6%減少、貸家が51.3%減少、分譲住宅が55.6%減少、分譲のうちマンション着工戸数は74.8%減少だった。

6/20の改正建築基準法で施主・設計とも金銭的、時間的負担が増大しています。
改正法で建築の質がよくなればよいのですが。。。
なにせ、建築は人の手でつくるもので機械がつくるものではないので人間を管理しない限り偽装は解消できません。
ところが、ちょっとしたビルなんかは竣工までに延べ数千人が関わるのですべての人間を管理することは数学的に不可能です。
仕事は関わる人間の間に性善説が成立しないと難しいですね。
毒を盛らない、という暗黙の前提で外食をするのと同じです。
なぜ偽装が行われるかというと、仕事に関わる誰かが無理をするからでしょう。
だいたい、時間かお金かのどちらかです。
両方しぼれば無理が始まります。
みんなで気をつけたいことです。