温故知新

date:2005年01月31日 category:Blog, 建物散策, 散歩と旅行 Tags:,



国立歴史民俗博物館をたずねる。
ここは日本のすべてが揃っている。
先日六本木ヒルズで見た世界の現代建築展に対しこちらは日本の民俗を中心に衣食住の変遷を見ることができる。
つぶさに見ていくと、有史以来、人々が造ってきたものは「意味あるもの」であることがよく分かる。
ここで言う「意味あるもの」とは、その時代背景を含む民俗を反映する「必要とされた事象」を含んでいるということだ。
しかしながら、時代が豊かになるにつれて「意味あるもの」がだんだん少なくなっていくのを感じる。
実際に、現代にあたる展示が少なくなっていくのだ。
現代に「意味あること」を見出すことは、なぜか、とても難しい。

ラーメン:長浜ラーメン

初めて長浜ラーメンを食べた。
豚骨スープ+極細麺+チャーシューが基本。食卓の上には、高菜(辛く炒めてある)と紅しょうががおいてあり、トッピングを加えるとスープの味が変化するので色々な味が楽しめる。
麺の茹で加減は、ばりかた(針かた)、かた、普通、やわ、ばりやわ(針やわ)の5パターン。
替え玉をばりかたで頂いたが、とても美味しくスープに合う。
何杯でもイケそうな、癖になる味でした。

ガソリンスタンド

date:2005年01月29日 category:Blog, 不定期日誌 Tags:,

ガソリンスタンドの跡地を利用している中古車ショップなどは
よく見かけるが、ラーメン屋が居ぬきで入るのは初めてみた。
ただ残念なのは、スタンドのスケールメリットを生かせていないところだ。

Repo*アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展

date:2005年01月28日 category:Blog, 不定期日誌 Tags:,,

森美術館で行われている展覧会に寄ってみた。
ボリューム満点の展示会で、洋書で見ていたものはおおかた実物(模型)が確認できるほど。
1950~2005年までのプロジェクトがギッシリ詰まった展示会でした。
順に見ていくと建築やアートのスタイル変遷が分かり、さらにそのときの時代背景が見えてきます。
今、現在の建築やアートが果たして進化してきたのか?など
考えることが沢山ありそうです。

ポリネシア:Bora Bora Nui Resort&Spa

フランス領ポリネシアの火山島ボラボラにとても素敵な水上ホテルがあります。
地上の楽園とも呼べるこのリゾートは10ヘクタールを越す敷地面積に建ち、80室以上の水上バンガローを有しています。
インテリアはモダンに設えつつも、屋根などはパンダナスの葉で織り込んだりとポリネシアの伝統も踏襲しています。(パンダナスの葉は、最近アジアン雑貨などでよく使われている)
ぜひ泊ってみたいホテルです。

Hilton Bora Bora Nui Resort & Spa
BP 502 Vaitape, Bora Bora, French Polynesia 98730
Tel: 689-60-3300 Fax: 689-60-3301

info*アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展

アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展

六本木ヒルズ森タワー53Fにて日本最大級の建築展が行われています。
出品数が約500点ほどあり、見ごたえありそうです。
建築家が考えるユートピアや、当時では実現できなかった案などアイデア満載の展示会だそうです。

世界が見てみたい vol.17

date:2005年01月25日 category:Blog, 世界が見てみたい, 散歩と旅行 Tags:,

6日目-AM:グラナダ滞在
午前中はアルハンブラ宮殿の見学。
城塞・王宮・離宮の三つに分かれている宮殿で東西726m、南北180mの城塞内に建っている。
いくつもの中庭(パティオ)があり、回廊や列柱がそれを取り囲むように配置されている。
そこかしこに施された装飾は繊細かつ落ち着いた色調になっており柔らかな印象を与えている。
とても優雅な生活の跡を感じることが出来ます。

ハーフミラーガラスの機能を作ってみる

date:2005年01月24日 category:Blog, 建築コラム, 素材メモ

ハーフミラーガラスとは、片側から見えてももう片側からは見えないというガラス。
事務所ビルのカーテンウォールによく使われています。
この「見える・見えない」という機能をパンチングメタルを使ってやる方法がある。(自作)


多分利用法としては、ドアの代わりに使ったりインフォメーションの窓口なんかに利用できそうだ。
150角で作ってみて効果が確認できたので、今度何かのときにドアを作ってみようと思う。

ラーメン:六角家

六角家へラーメンを食べに。
一時期、なぜか美味しくない時期がありずっと疎遠に。
久々に行くと店の雰囲気がちょっと変わっている。
2,3年前は「サッサと食って帰れ」みたいなピリピリした空気が漂っていたが、アットホームな感じになり味も美味くなっていた。
でも、一番の楽しみは注文のとり方である。
毎日食べているわけではないので、頼んだ仕様どおりの味なのか確認できないが、よくまぁ覚えられるものだ。
客の顔や服装の特徴と注文を結び付けているのだろう。
一度、制服丸坊主の学生を10人くらい送り込んでみたいものである。

六角家
URL:http://www.rokkakuya.com/

2万円で家具をつくってみる

安く手に入る素材を利用して
2万円で家具をやる計画を立ててみた。
作ってみて使い勝手と品質、ミテクレを実験しようと思ってます。
つくるものは

  • テーブル(1500x800)
  • 本棚-1(D190xL1800x5段)
  • 本棚-2(D190xL1800x7段)
  • 冷蔵庫を囲うためのボックス
  • 床仕上

一応設計図は金額的に収まったのであとは実行。
今年3月ごろやってみます。

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >