ボウリング・フォー・コロンバイン

ボウリング・フォー・コロンバイン
監督:マイケル・ムーア
先日、「華氏911」を発表した監督の前作品。様々な衝撃作を作り続ける社会派監督です。
アメリカが今どうなっているのか、ということを数字的根拠の提示と当該者へのインタビューをすることで事実を浮き彫りにする映画になってます。
ノンフィクションというよりは供述調書をみるような映画です。
問題提起だけでなく、解決の方法を探っているところに好感します。また、最後の皮肉も結構キイテます。