半落ち

date:2004年11月14日 category:Blog, 映画メモ Tags:,

邦画「半落ち」を見ました。
題材が実際の生活に密着したものであり、キャストも合っているように思います。
梶の生き残った理由がいまいちだと感じる方は多いかもしれませんが、俯瞰的に映画をみると、多分そうでしょう。
実際に梶の立場になってパースペクティブにみると、そういうものかも知れないなぁ、と感じます。
クライマックスに対する、見る側のサジ加減が大いに要求される映画です。
本では「ミステリー」のジャンルらしいですが、僕には「ノンフィクション」に近いリアル感がありました。
とてもよかったです。

ほかオススメ作品

  • 邦画・・・黒澤明 「夢」
  • 洋画・・・ウェルカム・トゥ・サラエボ

「映画で疲れたくないっ!」ひとは、ハリウッドなどをどうぞ!