雑誌取材

date:2004年10月30日 category:Blog, 不定期日誌 Tags:,,

先日、雑誌「建築知識」の雑誌取材を受けました。
人のご縁で、まわりまわって突然の訪問にびっくり。
狭い事務所に5人が集まりワイワイと話し込んでおりました。
おもしろい記事になるといいなぁ~。テーマがよいので是非購入したいと思います。
若手建築家共通の悩みが、一冊に凝縮されることを祈っております。

リクルート

date:2004年10月23日 category:Blog, 映画メモ Tags:,

これは面白い!
CIAモノ好きにはたまらない映画です。
とある大学生が、CIAにリクルートされる。
様々な試験をクリアーしながら工作員として育てられていく。
最初の仕事、それは「二重スパイ(double)」の監視。
信じられる者、欺く者、いろいろな人々の中で真実のゆくえを探る。
物語の結末は映画「真実のゆくえ」に近い感じだ。
主演:コリン・ファレル、アル・パチーノの競演おすすめします。

京都メカニズム・・・

date:2004年10月14日 category:Blog, 不定期日誌 Tags:

ふと、思い出したのでメモ。
たしか2008-2012の5年間で6%削減。
多分そのころは、日本のエネルギー効率はかなり良くなっているはず。
そうすると海外投資によって-6%を取りにいく。
-6%の獲得にいくらかかるのだろう?中国かな。

スクール オブ ロック

date:2004年10月13日 category:Blog, 映画メモ Tags:,

久々に映画を見ました。

これから見る人もいますので内容は控えますが、是非おすすめです!
こんな先生がいたら、とても楽しい学校生活になるでしょうね。
熱い想いが人を動かす、そんな映画です。

CommitmentとTarget

先日テレビで日産新入社員のドキュメントがあった。
高校卒業してすぐに、日産の技術職についた青年の物語だ。
日産といえばカルロス・ゴーン社長の提言する・・・・

【Commitment(約束)&Target(目標)】

この番組で青年は、この考え方・姿勢を徹底的に叩き込まれる。
最初は、紙でつくった車を団扇であおいで、どこまで走らせられるか、という課題。
commitmentは3m、targetは4m。
そのうち、課題の質が上がるにつれて、「納期・品質・コスト」についてC&Tを自ら打ち出し、それに向かってひたがんばる。

・・・・・・・・・・

思い起こすと、今までの日本的な教育の中で教えられてきたことはTargetばかりだったように思う。
しかし、commitment(他人のみならず自分への約束)があって、初めてTargetに近い存在なったり、もしくはTargetが見つかるようになるのだろう。
自分を律することが先決だ。
教育は、見えないTargetを強要するのではなく、commitmentからスタートするとよいのではないか?

菜園生活のススメ vol.5

date:2004年10月04日 category:Blog, 菜園生活, 菜園生活のススメ Tags:,


5m×5m×2区画の小宇宙に、逃飛行!
さてさて、秋の雰囲気が出てきたところで、畑にいってまいりました。
下仁田ネギ(写真)もよく育ってきており、もう少しで食べごろです。

本日の作業工程:

  • オクラを抜く
  • 玉ねぎ用の土つくり[牛糞+鶏糞+骨粉(一坪500g)+石灰(一坪500g)]
  • 収穫なす30本+しし唐沢山+にんじん20本+ピーマン10個+ハーブなど

K邸リファイン完了

date:2004年10月03日 category:Blog, 現場レポ Tags:,,

 

 

 

 
先日 K邸リファイン完了しました!

この計画は、施主の要望により、キッチン部分のリファインをしたいとのことでした。

問題点:

  • キッチンが壁で囲われている為、リビングとの空間的な繋がりが乏しい
  • リビングから見えない為、整理整頓が雑然と行われる
  • 設備機器の更新をしたい

以上3点が主な問題点です。

この点を踏まえ、以下のようなことを設え、リファインの効果を獲得しました。
※施主が60歳の為、80歳を想定して設計すること。

設計のポイント:

  • まず、囲われている壁を最小限にし、リビングとの一体性を持たせることで約30平米(18畳)の大空間を獲得しました。
  • ただし、あまりにオープンなキッチンだと落ち着かなく、片付けも奥様が大変なのでオープンな雰囲気の中に、炊飯器等の機器や食器などを隠せる場所を設けました。
  • 食器棚やキッチンの扉は、すべて掘込引手とすることで、金物が表面にでていません。壁のようにすっきりとした収まりとしているので体に取っ手が当たることなく料理ができます。
  • また、家具内部の丁番金物は耐震ラッチとしています。

色々工夫したところはありますが、大方こんなところでしょうか。
施主にとても喜んでもらいましたよ。施主の喜びは最高の設計料ですね。
工事費が非常に厳しい為、設計にかなりの時間がかかりましたが、施主の大事なお金を120%働かせるよう工夫するのが、私の仕事。
よい仕事が出来たと思います。

後日、ポートフォリオにて写真を公開する予定ですのでお楽しみに!